スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとり農業」といいながら・・・

(25,Dec,'13)
とりあえず・・・
 Merry X'mas 

じつのところそんな浮かれた気分ではありませんが・・・
まあ、淡々と百姓仕事にいそしむ毎日です。

クリスマスは、元々は緯度の高いヨーロッパの冬至のお祭りとキリスト教が融合したものだそうです。
ではわが農園の冬至の日前後のできごとを・・・

 21日(土) * * *

「ひとり農業」を標榜する(?)黒田農園にも、最近は助っ人が来てくれています。

りょう&岩さん

Ryokoさん、岩さんと3人でサニーレタスの小さな苗を定植しました。
風が強いので風上側に先に不織布を張って風除けにしながらの作業風景です。
Ryokoさんは太田農園で就農研修をしていますが、週に1日程度やってきて一緒に作業をしています。
近所で家庭菜園をやっている岩さんはプチ定年帰農?! 会社を退職して暇があるから手伝わせてほしいとやって来た、気のいいおっちゃんです。ぼくよりひとまわり年上の団塊の世代、毎日1~2時間程度、気ままにやって来ます。
とにかくひとつでも多く手があると違います。例えばマルチ張り、ウネを何度もまたいで行ったり来たりしながら一人でやっていたけれど、やっぱり二人でやると早い!
この日の定植作業も3倍以上の早さでした。

植わったばかり

この日植え付けた苗は↑こんな小さな苗↑です。
下の写真は12月初旬に植えた苗です。

サニートンネル

不織布のトンネルの中で生長中です。

さにー

寒さに耐えながらゆっくり、じっくり生長中です。


 22日(日) 冬至 * * *

脱穀までしてそのままだったもち米の籾すりをしました。
これでお餅が食べられる~♪

まずは昔ながらの唐箕(とうみ)で選別作業です。

唐箕

今日は弟のヒロシくんが手伝ってくれました。
わっぱ農場から木製の古い唐箕を借りました。今や民俗博物館とかでしか見かけないような年季の入った機械…というより道具ってところかな。
ハンドルを手でぐるぐる回して風を起こし、実入りの悪い軽い籾や藁クズなどのゴミを飛ばします。

次にいよいよ籾すりです。
小型の機械で、籾すりも精米も両方できる機械です。

もみすり精米機

わっぱ農場ではこの機械で赤米や黒紫米、もち米を籾すりしています。ごく少量から対応できるので、これを使わせてもらいました。これで玄米になりました。
さあこれでお正月にいただくお餅の原料をキープ。
♪もう~い~くつねると~お正月ぅ~~
   は~やく来い~来い~お・正・月~~♪


 * * * * *
この冬至の日の午後・・・
今年から当地で就農したばかりの桑田さん夫妻が訪ねて来て、自分たちで育てた無農薬のミカンを段ボール箱いっぱい!たくさんくださいました。
漬物用に無農薬の米ぬかを探していると言うので、ぼくのお米の米ぬかを差し上げました。お互いに嬉しい物々交換となりました。
そして夕方には、南知多の「とりのさと農園」のゆきちゃん夫妻も立ち寄ってくれて、「冬至だからユズ風呂入って無病息災に!」と、ユズをくださったのでした。

みかんゆず

けっしてツルツルピカピカの皮をしたミカンじゃないのですが、甘くて酸っぱくて濃厚な味の美味しいミカン!
ユズはこの夜さっそく湯船に浮かべて、香りに癒されながらまったりとお風呂に入らせてもらいました。

真摯に百姓に向かう歳若い二組のカップルの訪問は嬉しい出来事でした。
普段は一人でごそごそとしているばかりの黒田農園。この日は人の行き交う、温かな人情の交わる農園でした。
ありがとう。

 23日(月) * * *

さほど強くはないけれど冷たい北西の風が吹いている畑。
ふと足元を見ると・・・

バッタ

こんな寒い冬にバッタが!
地面をよたよたと這っている。いったいどこから来た? 寒いのにまだ生きてるんだ~
隣の畑で枯れ草刈りをしているから、そこから飛び出して来たのかな。
暖かい季節に見かけるより心なし透明感のある淡い緑色に見えた。
意外な訪問者。この後また草むらに戻してあげた。草の陰でひっそりと冬越しをするんだろうな。
春になったらまた会おう!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。