スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り騒ぎ!? …田植えイベント

(5月25日/2016)

 5月22日(日)、わが農園史上初(!?)の<ビッグイベント>がついに開催された。
 研修生リエピーが企画した「田んぼプロジェクト」の田植え編、その名も「よい子の田植え」。
 稲の種まきから始まり、収穫してお米を食べるまでの一連の企画。

4月10日、最初の行事、種まきのようす。
サリー種まき
小じんまりと10名ほどが集まって。
田んぼに苗代を作る昔ながらの種まき・苗作り。


 そしてむかえた田植え。初夏5月の晴れ渡った青空のもとに総勢40名ほどが集まる!
 リエピーの趣味のバリダンス(インドネシア・バリ島の舞踊)をとり入れて、さしずめ「お田植え祭り」とあいなった。
 同じアジアの稲作文化のバリと日本。見慣れた田園風景に、さほどの違和感もなくとけ込んでいく華麗なバリダンス。なんだか不思議な気分になった。

あぜ道ダンス
田植えの前に畔を踊りながら行く。田んぼを清め、田の神様に豊饒を祈る

バリダンス
お昼の休憩時に、農道の端にしつらえた急造のステージでバリダンスショー


 みんなで植える。

みんなで植える

 おとなも、幼い子どもも・・・

子どもも

 そして、みんなで踊る!

みんなで踊る


 この企画で育てる稲は、インディカ米(長粒種)で香り米の「プリンセスサリー」という品種。イベントのクライマックスとなる秋には、やっぱりナシゴレン(インドネシアの炒飯)を食べよう!ということで。
 なんとなし物語性のあるこの企画。ほんと!最後まで順調に行きますように 神さま~お願いっ♪

 お天気に恵まれ、参加者の皆さんの笑顔にあふれ、無事に終えることができた田植えイベント。3日たった今振り返れば、夢の中の出来事だったような気もするし、ずいぶんなお祭り騒ぎだったと…。
 とにもかくにも、参加してくださったみなさんに、ただただ感謝。
 そして、「一人農業」だった頃には想像もしなかった経験をさせてもらった、リエピー、アリガトね~~

 * * * * *

このイベントの詳細や、今後の企画の情報はRiesaki farm(研修生リエピーの予定農園名)のフェイスブックインスタグラムをご覧ください。
(上記「フェイスブック」「インスタグラム」をクリックするとリンクします)


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。