スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月ったら12月。。

(12月13日/2015)

 ブログ更新もままならぬうちに、はや12月も半ばに…

 降水量の多い暖冬になるとの予報どおりのきょうこのごろ…
 一昨日の朝6時頃の我が家の屋外気温!

温度

 温度計が故障してるわけでもなく…

 この日は、未明から強い南風が吹き始め、夜明け前には時おり家も揺れるほどの突風が吹き荒れ、竜巻注意情報も発表されて…、午前5時、心配になって飛び起きて、まだ真っ暗な中を畑に向かいました。 南側を開けっ放しにしているビニールハウスや作業小屋を閉めにまわりました。野菜にトンネル掛けしてある畑の状況も、車のヘッドライトで照らしながら見て回り…
 強く吹きつける風は異様なほど生暖かく、家に戻ってきて温度計を見るとこの数値。
 本州の南岸を小さな台風のような低気圧が通り過ぎて行ったのです。
 この日は、午後から風向きが変わり、北西の風が強まりました。とても強い風が吹いたのはさほど長い時間でなかったため、大した影響はなかったから良かったものの、日本の各地で記録的な高温や大雨、そして強風などで被害が出たところもあったようです。
 いちおう気象台が発表したこの日の最高気温は22~23℃ていどだったようですが、それにしても12月にこの気温、なんとも気持ちの悪い、異様な現象です。コワい、なんかおかしなことが起こるんじゃないかしら、というような言葉をいろんな人から耳にしましたが、そんな思いになるのも人情ですね。同感です。

 昨日、オアシス朝市への出店のため名古屋に行ってきましたが、道中目にしたトウカエデやモミジバフウの街路樹の紅葉が、目を奪われるほどきれいでした。「年の瀬」といわれる時期なのに、いまだに秋が続いているようです。こんな気候じゃ師走って感じしないものね。
 さて、やけに暖かなのは先月から、まさに「小春日和」の続いた11月のできごとをサクッとご報告。。

 * * * * *

 ひるがの高原のおひざ元、高鷲と白鳥の境目付近、奥長良の景色。長良川の清流ともみじ。

奥長良

 11月12日、ひるがの高原に久しぶりに行きました。まだ暑い夏以来の「天空の菜園」のお仕事です。
 今年は隔週の木曜日に高原へ出かけるという方針でスタートした「高原野菜プロジェクト」でしたが、天候のタイミングがまったく合わず、延期続きで、結局3~4回しか出かけられず、サニーレタスを1回収穫しただけという、惨憺たる結果に終わってしまいました。
 そしてこの日、草ぼうぼうになってしまった畑の片づけをして今年のフィナーレ。

ひるがの畑

 紅葉のピークはとうに過ぎ去り、褐色が目立つ高原。畑の中の伸び放題の雑草も枯草状態。畑の隣の別荘地の入り口では大きな除雪車が停めてあり、冬がすぐそこなんだと思わせられました。
 きれいな青空、暖かで穏やかな日。天候に恵まれて作業ははかどりました。草刈りをして、トンネルやマルチを片づけ、電気柵を撤去し、トラクターを地主さんの小屋にしまわせてもらい…無事に一日で片づけ終了。心底ほっとしました。
 お昼ご飯を食べながら、来年のリベンジを期しての作戦会議。
 晩秋の高原に「百姓の来年」を語り合う男二人あり。懲りもせず…。

 * * * * *


 11月11日、今年最後の稲作作業とでもいいましょうか…

稲架003

 今年の稲作は、まったくもって芳しくなく…
 雑草がはびこり過ぎた田んぼは、雑草が絡みつくためにコンバインで刈り取りができず、やむなくバインダーという小さな稲刈り機で刈りとって稲架掛けをしました。数年ぶりの稲架かけ作業でした。

 この日、稲架干しした稲の脱穀作業。ハーベスター(脱穀機)を初めて体験する研修生のrieさんです。

稲こぎ

 収穫された籾です。
 減収分を少しでも取り戻したくてねーー

もみ

 思いのほか除草作業に手が回らず、くわえて今年の夏の天候の影響でシイナ(クズ米などの規格外の米)が異常に多かったりと、昨年と比べて大幅に減収してしまいました。
 もうこれ以上はノーコメ(No米)ントってことで…(汗)

 * * * * *

 11月10日過ぎには菜の花が咲き始め…

菜花

 あまりの好天続きで野菜の生育が進み過ぎて市場価格が暴落、なんてこともあったりの最近の社会状況。確かに、年明け後の収穫予定のものがすでに収穫期を迎えていたり、異常な天候の影響はわが農園でも例外なく。
 写真は菜花です。「寒咲き」といって、12~1月の寒い時期から収穫できるもので、早めに播種をしたのですが、予定より半月ほど早く花が咲き始めてしまいました。
 とにもかくにも、前倒しで野菜が出荷されている状況なので、後あと逆に品薄で価格が暴騰なんて状況が生じるかもしれません。
 やれやれ、たいへんなことです…

 * * * * *

 では最後に、前回のブログ記事、色々イロイロの忘れ物・・・

candy red

 赤キャベツを作ってみました。
 その名も「キャンディレッド」という品種。
 おっと!葉牡丹じゃござんせんよ~~
 「安心してください、食べられますよ」




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。