スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の終わりに――

(8月31日/2015)

 秋雨前線の影響で「梅雨空」のような天気のもと、昨日から今日にかけて岐阜県の揖斐川町坂内(旧坂内村)まで行ってきました。滋賀県や福井県の県境に接する山奥の過疎の村。
 この地に就農して数年の「なかよし農園」ヨーコさんの企画したイベント、「はじめの一歩は、どう踏み出す?~プロフェッショナルからの提言~」に参加してきました。
 「研修」の一環ということで、うちの研修生1名をともなって行ってきたのだけれど、ヨーコさんからはかねがね話を聞かされてはいて、彼女はいったいどんなところで百姓暮らしをしているのか、実際に訪ねて行って見てみたいと思っていたので、それをようやく実現させたというのが正直なところかな~。

(写真は堆肥づくりの先生、三重県から来てくださった橋本力男さんの講演)
橋本さん

 ヨーコさんの呼びかけで50~60人くらい集まったかな? 予想以上の盛況ぶりでした。

 講師には、橋本さんのほか、三重県農大の神田先生、「Land care」の活動をされている南山大学のシーゲル先生、オアシス朝市村の吉野村長といった豪華な(?!)顔ぶれ。他にも、地元の方によるこの村についてのお話や、春日という地区の由緒ある在来種のお茶にほれ込んだお茶屋さんの「天空の古来茶」のお話しなど、次から次と興味深いお話がてんこ盛り!
 次々入ってくる情報に頭がパンクしそう…。

ほうじ茶
 座卓の上に飾られたヨーコさんのオーガニックフラワーと、ふるまわれた春日のほうじ茶。
 この由緒ある茶葉(「ちゃば」ではなく「ちゃよう」と読む)のほうじ茶が、まろやかで深みのある味と香りで、じつに美味しかった!! 

 ひるすぎから夕方までのプログラムがひと通り終了後、さらに夜まで残る人や宿泊していく人たちで近くの温泉に入りに行き、その後はいよいよお待ちかねの交流会。

お料理

 地元の方の手による、地元の食材を使ったお料理の数々。アユの塩焼きや甘露煮、アマゴのお寿司、山菜や野菜の煮物などなど、とってもおいしいご馳走で満たされました。
 お酒も入っておしゃべりもはずみ、終始なごやかな楽しいひとときとなりました。
 このイベントの掲げるテーマはともかく(?!)、各地でさまざまな取り組みをされている非常に個性的な面々が集まってきて、面白おかしい貴重な出会いと交流の場になったという気がします。

交流会
(ヨーコさんとシオリさん、シーゲル先生)

 なかよし農園にファームステイで来ていた大学生のシオリさん。一週間にわたるステイのしめくくりに、どうやらこのイベントが企画されたようです。ヨーコさんの彼女への親ゴコロか、はたまた単なる口実かわかりませんが(失敬!)、いろんな意味で「腹いっぱい」の企画をありがとう! ほんとうにおつかれさまでした!

 昨夜は雨雲の切れ目から明るい満月が少しだけ望めました。そういえばちょうどひとつ前の満月の前夜は乗鞍高原で月を見上げました。あのころのほんとうに厳しい暑さの日々を思えば、早やずいぶんと秋めいてきたものだと感じます。
 「戦後70年」を強く意識させられた夏がいこうとしています。明日9月1日は関東大震災の日。100年近く前のあの日に震災にまぎれて朝鮮人や中国人が何千人と虐殺されました。その歴史を忘れてはいけないでしょう。
 明らかな人種差別であるヘイトスピーチなるものが横行し、安保法制なるものが多数の国民の反対を押し切ろうとしている今。いまだに構造的な差別の中にある沖縄の叫びが強まる今。まるであの原発事故がなかったかのように、原発が再稼働され福島は置き去りにされていく今。
 昨日、国会前に何十万人もの安保法制反対の人々が集まったとのこと。戦争をしない平和を求め、国民が主権者となり、一人ひとりの人権が守られる、自由な民主主義の国に生まれ変わってきた「戦後」という70年の時間。どうやらそれを否定的にしかとらえられない人びとが安保法制を通そうとしている。
 ほんとうにあまねく平和はどうやってつくっていけるのでしょうか。そのためになにをどうしたらいいのか、どこに希望を見出したらいいのでしょうか? 暗く空をおおう雲をはらって光が差すように。
 社会のあちこちに、自分のできることを精いっぱいやっている人々がいます。昨日橋本さんが、けっきょくは美しくなくちゃいけない、というようなことをおっしゃっていました。その意味は深い。そう、それぞれの場で、ほんとうに美しいものをそれぞれ見つけていこうよ。 ね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。