スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「早苗月」になりまして

(5月4日/2015)

 5月の別名、皐月(さつき)とは「早苗(さなえ)月」が由来なのだとか。そう、田植の季節です。

プール育苗

 わっぱ農場の育苗プールには、ただ今ざっと500枚ほどの稲の苗。数回に分けて播種・育苗をするので、これはまだ初回の早苗ちゃんたち。(わが農園では、この無農薬・有機の稲苗を分けてもらって田植します)

 4月末から5月初旬は、田植の始まりと同時にピークでもあります。現在の6月頃が旧暦では皐月で、昔の田植シーズン。
 現代の農業技術的、そして社会状況的な要因で、今や5月が田植シーズンになっているので、5月は名実ともに早苗月になっちゃってますね。

稲苗

 今日は久しぶりの雨の一日。先月下旬から一週間以上、好天が続き、それまでの多雨で遅れていた畑の作業を頑張って進めました。それでもなかなか容易に遅れは取り戻せません。
 どんどん田植えが進んでいく周囲の様子を横目に、畑の作業に専念。内心は、早く田んぼに取りかからなくちゃ、という焦りもありつつ。

 「夏も近づく八十八夜…」は一昨日、明後日は「立夏」、いよいよ夏の始まりですね。
 畑の野菜たちは、スナップえんどうや絹さやえんどうが穫れ始め、早植えのキュウリも成り始めて、いよいよ夏野菜が登場し始めます。

初成りキュウリ

 つい最近、新たに借りることになった畑には、ほんの5~6本ですがイチジクの樹があります。主幹から今年の新芽が伸びてきています。私自身としては10年ぶりにイチジク栽培をすることになりました。とはいえ、売るほどもできないかと思うけれど…。

 いちじく新芽

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。