スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の菜園2015☆スタート!

(4月25日/2015)

 一昨日4月23日(木)、今年初めてひるがの高原へ行ってくる。
 海抜1000m近い高原は、季節はまだ早春。

畑1

 ようやく畑の雪も消えてきたとの地元情報を得て、「高原野菜プロジェクト」の相棒、百鍬万菜・しんちゃんと現地で待ち合わせ。畑の様子を確認することと、第一弾の作付けとしてニンジンの種まきをしてくる予定で、まだ暗い早朝から出かけて行った。

 高原は朝から雲ひとつない抜けるような青空。たっぷりの残雪まとう高い峰々を望む景色がとても美しい。到着した朝8時半ごろの気温は7~8℃くらい。陽ざしも暖かく、予想以上に寒くない! というより、動いていると少々暑さを感じるほど。
 昨年新たに借りた第2圃場の地主さんに挨拶がてら、空き牛舎に保管してもらっていたトラクターを引き取りに行く。地主さんの話によると、この冬の雪は例年の3倍だったとのこと。異常な大雪の苦労話をいろいろ聞かせていただく。

残雪

 畑の隅っこや、木立の中や周辺には、まだまだ雪が残っていた。
 畑の片隅で見つけたフキノトウ。

ふきのとう

 畑の中はもう雪はまったくなかったものの、雪解け直後らしく土はけっこう湿っていた。そしてもうすでに獣たちは活発に活動しているようで、シカの足跡やイノシシが掘り返したくぼみやらがたくさん残っている。
 農作業の最初は獣害対策の電気柵の設置。土が比較的乾いている場所にトラクターで畝立てし、ニンジンの種を播いた。

 こうして「天空の菜園」の3年目がいよいよスタート。多雨と日照不足に悩まされ続けている下界は、今週からようやく天候が安定してきており、もう初夏の雰囲気になっているけれど、ひるがの高原に向かう途上は、花咲き乱れる桜、まだ固いつぼみの花木たちを目にし、季節の時計を逆回ししたように感じさせられた。昨年も毎週高原に通うたびに何度もきれいな花見ができてしまったけれど、今年もまた早回しで季節の移ろいを目の当りにさせられるのだろう。そんなことも高原通いのささやかな楽しみではある。

 な~んて悠長なことばかりは言ってられない。
 どうかひどい獣害に遭うことなく、天候にも恵まれて、首尾よく野菜作りができますように!、と祈るような気持ちで高原を後にするのであった。




 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。