FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り騒ぎ!? …田植えイベント

(5月25日/2016)

 5月22日(日)、わが農園史上初(!?)の<ビッグイベント>がついに開催された。
 研修生リエピーが企画した「田んぼプロジェクト」の田植え編、その名も「よい子の田植え」。
 稲の種まきから始まり、収穫してお米を食べるまでの一連の企画。

4月10日、最初の行事、種まきのようす。
サリー種まき
小じんまりと10名ほどが集まって。
田んぼに苗代を作る昔ながらの種まき・苗作り。


 そしてむかえた田植え。初夏5月の晴れ渡った青空のもとに総勢40名ほどが集まる!
 リエピーの趣味のバリダンス(インドネシア・バリ島の舞踊)をとり入れて、さしずめ「お田植え祭り」とあいなった。
 同じアジアの稲作文化のバリと日本。見慣れた田園風景に、さほどの違和感もなくとけ込んでいく華麗なバリダンス。なんだか不思議な気分になった。

あぜ道ダンス
田植えの前に畔を踊りながら行く。田んぼを清め、田の神様に豊饒を祈る

バリダンス
お昼の休憩時に、農道の端にしつらえた急造のステージでバリダンスショー


 みんなで植える。

みんなで植える

 おとなも、幼い子どもも・・・

子どもも

 そして、みんなで踊る!

みんなで踊る


 この企画で育てる稲は、インディカ米(長粒種)で香り米の「プリンセスサリー」という品種。イベントのクライマックスとなる秋には、やっぱりナシゴレン(インドネシアの炒飯)を食べよう!ということで。
 なんとなし物語性のあるこの企画。ほんと!最後まで順調に行きますように 神さま~お願いっ♪

 お天気に恵まれ、参加者の皆さんの笑顔にあふれ、無事に終えることができた田植えイベント。3日たった今振り返れば、夢の中の出来事だったような気もするし、ずいぶんなお祭り騒ぎだったと…。
 とにもかくにも、参加してくださったみなさんに、ただただ感謝。
 そして、「一人農業」だった頃には想像もしなかった経験をさせてもらった、リエピー、アリガトね~~

 * * * * *

このイベントの詳細や、今後の企画の情報はRiesaki farm(研修生リエピーの予定農園名)のフェイスブックインスタグラムをご覧ください。
(上記「フェイスブック」「インスタグラム」をクリックするとリンクします)


スポンサーサイト

高原野菜プロジェクト、今年も始まってます。

(5月17日/2016)

 去る5月15日(日)、ひるがの高原(岐阜県)の畑へ作業に行ってきました。
 今年はすでに4月20日に最初の作業をしに行っているので、今回は2回目。前回、肥料を施しておいた場所にウネを立て、白い穴開きのポリマルチを張って、ニンジンの種をまきました。

にんじん畑

 雑草対策のためにマルチを張ったため播種機は使えず、手作業で播くしかありません。播種穴の数、約3200個。3人で作業をしましたが、時間のかかる根気のいる作業でした。

にんじん播種

 ニンジンが品薄になる8月後半から9月上旬をねらっての作付け。それがモチベーション、いや「とらぬタヌキの皮算用」か。

 次回は10日後の予定。今回の2倍の種まきを予定しているので、なんとか人手を確保せねば…。

 ちょっとそこのあなた!
 いっぺん「天空の菜園」に行ってみない?
 高原の空気は爽快だよー

 (あ、そーかい。)


今年のサフラン

(5月17日/2016)

 去る13日の金曜日。
 今年のサフラン球根の収穫を行いました。
 漢方の製薬会社との試験栽培も、数えればもう8年目か。今回も製薬会社の担当者H氏が来てくれました。

5-13safran.jpg

 昨年は大きな球根がたくさん採れましたが、今年もまずまずのできかと思います。

safran球根

 生薬として利用されるのは花(めしべ)だけですが、良い花を得るには一定以上の大きさの球根が必要になります。そのための栽培法の確立をめざして試験を続けているのです。
 さしずめうちの農園では「花より団子」ならぬ「花より球根」ってことで…


田植え始まる

(5月16日/2016)

 予定より一週間から10日遅れで田植えを始めました。今から6月上旬にかけて随時田植えをしていきます。

ヒトシ田植え

 田植え機に乗っているのは今年3月に入った研修生Hさん。初の田植え修行につき。




田植えイベントご案内

田植えチラシ小

【案内チラシのページ】
 上記をクリックすると拡大したページでご覧いただけます


GWだって…ふ~ん

(5月4日/2016)

 世間はGW。大型連休なんてどこ吹く風、いちばんの農繁期!
 田んぼも田植えでにぎやか、畑は夏野菜類の定植が次から次と…。


 今シーズン最後のホウレン草が生長中。ホウレン草は高温多湿の夏は適さないので5月いっぱいでおしまいってこと。次は秋からね。

れん草 

 このホウレン草に被せてある白いネットの上に何やらコロコロと丸い物体が…
 え? 肥料じゃないのかって?
 ん~、まぁ肥料にならないことはないけど、だいたいねぇ、ネットの上から肥料をやらないでしょ。

ふん 

 この畑には野ウサギが出没します。野菜への被害は今のところなく、何食べてんだろうって思ってみたり。
 で、ウサギさんはどうもこのネットの上やウネ間がお気に入りのようで、もしかしたらくつろぎの空間かも。どうやらリラックスしてモヨオすらしい…。
 そう、この小さな丸いコロコロはウサギの糞。

 ふ~ん。



プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。