スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え始める

(5月27日/2015)

 今年初の真夏日になった昨日、遅ればせながら田植えを始める。

田植開始

 一日で面積的には全体の4分の1を終えたことになる。あと2週間余で最後まで終えられるか…
 毎年のことながら、最後までやりこなせるか、どことなく心もとなく…

苗たち

 今日もまた暑く、連日の真夏日に。
 夕餉にビールが欠かせられず…


スポンサーサイト

今年は、デカい!

(5月12日/2015)

 今年は・・・

 やっぱり、異常気象か?
 ただ今、季節外れの台風が接近中。外は雨風強く。

 今年は・・・

 デカいのがゴロゴロとれた!

サフラン球根

 漢方薬メーカーとのコラボ企画(?!)のサフラン栽培。
 今年も球根の採取時期が訪れ、お天気の良い昨日、漢方薬会社のHさんと一緒に掘り上げました。

 わが農園の土作りの基本資材はこの会社の工場から出る生薬の搾りかすを堆肥化したもの。
 サフラン栽培地もたっぷり、この堆肥を入れた肥沃な土。
 乾燥した気候を好むサフラン、今年のひどい菜種梅雨でどうなるかと心配したものの、無事に育ってくれました。しかも今までになく超大物がゴロゴロ!

 製薬の廃棄物を再利用して再び生薬を生み出す…
 そんなちょっとした、モ・ノ・ガ・タ・リ


 * * * * *

オマケは農園アルバム


三河湾を望む小麦畑の脇で・・・

麦畑望湾

ピクニック気分でお昼ごはんをいただく

ピクニック

農業研修生の皆さんと
ささやかな寛ぎのひとときを分かち合う

――うららかな陽気の4月29日のこと

 * * * * *

「早苗月」になりまして

(5月4日/2015)

 5月の別名、皐月(さつき)とは「早苗(さなえ)月」が由来なのだとか。そう、田植の季節です。

プール育苗

 わっぱ農場の育苗プールには、ただ今ざっと500枚ほどの稲の苗。数回に分けて播種・育苗をするので、これはまだ初回の早苗ちゃんたち。(わが農園では、この無農薬・有機の稲苗を分けてもらって田植します)

 4月末から5月初旬は、田植の始まりと同時にピークでもあります。現在の6月頃が旧暦では皐月で、昔の田植シーズン。
 現代の農業技術的、そして社会状況的な要因で、今や5月が田植シーズンになっているので、5月は名実ともに早苗月になっちゃってますね。

稲苗

 今日は久しぶりの雨の一日。先月下旬から一週間以上、好天が続き、それまでの多雨で遅れていた畑の作業を頑張って進めました。それでもなかなか容易に遅れは取り戻せません。
 どんどん田植えが進んでいく周囲の様子を横目に、畑の作業に専念。内心は、早く田んぼに取りかからなくちゃ、という焦りもありつつ。

 「夏も近づく八十八夜…」は一昨日、明後日は「立夏」、いよいよ夏の始まりですね。
 畑の野菜たちは、スナップえんどうや絹さやえんどうが穫れ始め、早植えのキュウリも成り始めて、いよいよ夏野菜が登場し始めます。

初成りキュウリ

 つい最近、新たに借りることになった畑には、ほんの5~6本ですがイチジクの樹があります。主幹から今年の新芽が伸びてきています。私自身としては10年ぶりにイチジク栽培をすることになりました。とはいえ、売るほどもできないかと思うけれど…。

 いちじく新芽

 
プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。