スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青いトマト…今ごろに!?

(11月28日/2014)

 11月も間もなく暮れようとしています。そんな今時分に青トマトを収穫しました。

青トマト

 じつは実験的に8月に播種したトマトを無加温ハウスで育てていたのです。
 わっぱ知多農場のビニールハウスの一部を通年で間借りをしているのですが、12月の一か月間だけ空けなければなりません。というのも、わっぱ農場では間もなく大豆の収穫が始まり、収穫した大豆を乾燥させるためにビニールハウス全体を使うからです。なのでやむなく、せっかく実ってきていたトマトも片づけねばなりません。あと半月もあれば熟した赤いトマトが次々と収穫できたはずなんだけど、残念ながらタイムオーバー…。

 で、こんなものを作って明日のオアシス21朝市村で青トマトを販売することにしました。

レシピ

 青トマトの調理法を幾つも紹介したレシピ集です。A6版の小さなリーフレット。これが販促材料になればと思って作ってみました。
 さて、明日の朝市、お客の皆さんの反応はいかばかりでしょうか。

 あ!…もしかしたらレシピ見ながらワタクシがせっせと青トマト調理することになってたりして?!
 今日も青トマト、明日も青トマト・・・もううんざり、青ざめてたりして・・・


スポンサーサイト

畑の「衣替え」…もひとつ

(11月17日/2014)

 ほとんど風のない本日、育苗用のビニルハウスの屋根フィルムの張り替えをしました。

張り替え

 いったい何年ぶりに張り替えた??

 今年最後の台風で天井が大きく裂けてしまい、今年こそは張り替えねばと…。
 前回張り替えたときは、ハウス農家からいただいた使い古しのポリフィルムを使いました。以来、幾たびの強風や台風であちこち破れながらも、その都度ありあわせの切れっ端フィルムで補修。みごとにツギハギだらけだったのです。
 今回は新品の長期展張フィルム。すでに骨組みのあちこちにゆがみが出ているハウス、屋根だけピッカピカ!!
 これも冬の前の「衣替え」かな。
 年が明ければ春から夏にかけての野菜の苗作りが本格的に始まります。あ~年がら年中切れ目なく暇なしの百姓仕事。
 いったい「ぐうたら」はどこいった~?


畑のこのごろ

(11月16日/2014)

 立冬から一週間が過ぎ、秋の深まりと冬の足音を感じるようになりました。
 ちかごろは最高気温は20℃を超えることはなく、最低気温も一桁。降霜はまだですが、いつ来てもおかしくない感じです。「秋の陽はつるべ落とし」というがごとく、日足もずい分短くなって、夕ぐれどきは暗くならないうちに大急ぎで作業を片づけるといった日々です。

 畑では、夏の果菜類のうちナスやピーマンはまだかろうじて収穫が続いていますが、秋冬の葉物中心の景色に移り変わっています。
 今月初めには早生の玉ねぎの定植を終え、そろそろ晩生の定植時期が近づいています。

玉葱定植
 玉ねぎ苗の定植中

前畑圃場
ブロッコリーが旺盛に茂っている、葉物野菜中心の前畑圃場

 試験栽培中のサフランは花盛り♪
サフラン

 畑の端っこに自生しているヤシャブシの木に、アケビの実が成っているのを発見!
あけび
 いつの間にかアケビがツルを伸ばしていたのを、先日初めて気がつきました。休憩時間の甘~いおやつになりましたよ。

 で、かんじんのお野菜たちは…

 まいど好評のレタス。
レタス

 サニーレタスも。
サニーレタス

 これらレタス類は、春まで欠かすことなく出荷し続けるつもりです。

 ミニ白菜も出荷中。年明けまで続きそうです。
白菜

 ブロッコリーも次々とできてます。
ブロッコリー

 これらのお野菜は、朝市、夕ぐれ市で絶賛販売中(?!)。ブロッコリーやミニ白菜は契約栽培分もあるので、今後は直売市に持っていける量が限られちゃうかな? すんませ~ん~~
 あともう少しでキャベツも収穫期を迎えそう。ニンジンやジャガイモもそろそろ掘り上げて市へ持っていこうかな~

 防虫ネットをかけている葉物野菜のウネですが、ぼちぼち保温効果のある不織布に掛け替えはじめています。
 さしずめ畑の「衣替え」ってとこですね!

 人間の方は、もう着重ねてモコモコしてますよ…




ひるがの菜園2014 Finale

(11月5日/2014)

天空の菜園 2014 Finale

天空ラスト

 ひるがの高原、よく晴れた本日、「天空の菜園」今年最後の作業をしてきました。
 少しだけ残っていたキャベツを収穫し、畑をきれいに片づけてきました。
 収穫を終えたキャベツやブロッコリーなどを刈り倒し、マルチをはがして、最後にトラクターで全面を耕して今年の作業終了。
 今年は後半に作付けが滞り、昨年より1か月近く早い幕引きとなりました。
 さー、また来年!

 3年目となる来年はいわば勝負の年。もう一度作付け計画を練り直し、来春に仕切り直しです。
 空気がよほど澄んでいたのでしょう、紅葉につつまれた山々の向こうに、冠雪の白山連峰がいっそう白く神々しく見えました。そんな美しい景色を眺めながら、やっぱり「百姓の来年」をつぶやいていたのでした…。


プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。