FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅のたより

(1月30日/2014)

今日は雨。
このところ雨が少なく乾燥していたので、良いお湿りでした。
そして旧暦では、今日が大晦日、明日は元日です。
先週の月曜日(20日)は「大寒」。ちょうどこの冬一番の冷え込みでした。
わが家の屋外計測では朝の最低が-3℃を記録!! そしてなんとビニールハウスの中も-1℃を記録してました。
以来、同様の氷点下に冷え込む朝もしばしば。
その一方で日中は暖かく、動いていると汗をかく日も。

知多半島の梅の名所、知多市の佐布里池では来月中旬から梅まつりが始まるとの話題も聞かれるようになりました。
当農園「本社」(?!)前の梅の木も蕾をつけています。

梅の蕾

紅をさしふくらんできている蕾は、今日の雨にしっとりと濡れていました。

間もなく2月。立春はすぐです。
暦の上では春ですが、まだまだ寒さは続きます。
最新の3ヵ月予報では、3月は低温傾向とのこと。春の訪れは遅くなる?
でも、今春の桜の開花予報によると、11月の低温で順調に花芽が育っており、平年より数日開花が早まると予想されているようです。
また、杉花粉の飛散も始まりつつあるとのニュースも。
とにもかくにも季節は確実に一歩々々進んでいるのは確かなようですね。

比較的、気持ち的にも余裕のある冬の間に、あれもしておきたい、これもしておきたいと思っていることがあるものの、思っていた以上にできていないのが現実です。
春の近づきを感じさせる情報にふれるにつけ、正直なところ、少々焦りを感じます。
まーこれは毎年のことなんですけどね。

さて、2月は行事がいろいろと予定されています。
明日から2日間は、取り引きのある有機流通業者の生産者会議+イベントに出かけます。
年に一度の行事。各地の生産者の方々との再会や、会員(消費者)の皆さんとの交流など、内容盛りだくさんで楽しみでもあります。
他にも同様に生産者の会議や見学・研修会などが企画されていて、毎週のようにお出かけとなりそうです。
思うにそれらを通して一年の計を立てていく期間になりそうです。
今年も早、1ケ月が過ぎようとしていますが、百姓にとっては本格的な農繁期に向けて力を蓄え、モチベーションを上げていく、そんな季節なのかもしれません。
寒さが厳しいのはつらいけれど、そんなに早く暖かくなっても困るな~というのが百姓の本音ですね。

風邪やインフルエンザも流行っていますが、ありがたいことに日々元気にやれています。
ん? ○○は風邪をひかないって・・・!?
ま、そんなところですね~~



スポンサーサイト

貧乏みかん

(1月26日/2014)

今日、畑で小松菜やホウレン草の収穫・出荷作業をしていると、近所で畑をやっていて、時々ぼくの畑をのぞきに来てはおしゃべりしていく年配のお百姓・Hさんが、みかんを差し入れてくれました。
「何ていうみかん?」
「ワシントンっていうんだ。ネーブルだ~。普通のネーブルより香りがいいぞ~」
Hさんの放ったらかしのみかん畑、薮のようになった中でもよく成るんだそうな。

ワシントン

今は昔のおはなし。
外国航路の船乗りが、アメリカでこのみかんの苗を手に入れて、船の上でドラム缶に土を入れて育てながら日本に持ち帰ったんだげな。
帰国して地面に植えたのは美浜(となり町です)のこと。
とある大地主が、これで一発当てようと思って、山にたくさんその苗を植えたんだと。
ところが何年たってもちっとも実を着けんもんだで、全部ふいて(引っこ抜いて)桑の木に植え替えたんだと。
20年は成らずに我慢せないかん、20年貧乏せないかんってことだ。
だで、こいつを「貧乏みかん」って言うだがね。
ここいらじゃ有名な話だ。みんな「貧乏みかん」って呼ぶんだぜ。
* * * * *
夕方家に持ち帰ってさっそくひとついただきました。
オレンジ系の爽やかな味と香り。
調べてみると、ネーブルオレンジの品種に「ワシントン」ってのが確かにありました。
アメリカ・カリフォルニアからの輸入ネーブルの多くはワシントンだとのこと。
そしてワシントンの元となる木は19世紀初頭にブラジルからアメリカにもたらされ、その後のカリフォルニアのオレンジ産業隆盛の基礎となった品種だとのこと。なんとネーブルの本流ともいえる品種だったんですね。
日本では約120年ほど前に和歌山県で栽培が始まったとありました。

いただいたこの「貧乏みかん」、果たして本当にワシントンなのか定かではありませんが、この地では江戸期より海運業が栄え、明治以降は新しいものを旺盛に取り入れて様々新たな産業が生まれては消えていった歴史や風土を思えば、さもありなんという話のような気がします。

さて、今日はこの後、こんどは岩さんがちぎりたてのポンカンを持ってきてくれました。
近所の農家で、みかん栽培をやめたものの、まだ少し残っている木に成る実をタダでちぎってもらってきたそうです。
もともとみかん栽培の盛んな当地。今では、農家経営としての露地栽培はめっきり減って、残っている多くはハウス栽培なのです。
ぼくも一昨年、借りていたみかん園を地主さんに返すことになって、みかん栽培から撤退。
自分で作ったみかんを口にすることがなくなって丸2年になります。
ちょっとさびしいのですが、それでもこうして人さまからちょくちょくいただけることは嬉しくありがたいことです。
その季節、その土地に相応しい自然の恵みを享受できることは、じつに楽しく豊かなことですね!
相変わらず懐は乏しいんですけど…




秘密基地第2号?!完成

(1月24日/2014)

* * * * *
そろそろ一戸建てをお考えの方に!

☆実質0円!
☆台風・地震に強い!
☆工期はたったの1日!
☆即日完成引き渡し可!
☆冷暖房完備!(冬は冷房、夏は暖房につき)


(これはフイクション…いえジョークです)
* * * * *

今日「前畑」の畑に物置小屋ができました。
いちおう本拠地にしている畑に倉庫や育苗ハウス、そして、できた時には「秘密基地」と呼ばれた作業小屋があるんですが、そこからちょっと距離のあるこの畑にも、物置や、風や直射日光を避けながら野菜の簡易な調整作業ができるような小屋が欲しかったのです。

小屋

この数日、農作業の合間にちょこちょこっと作って、かかった時間は実質丸一日くらい。
物置に使っていたパイプハウス(小さなビニールハウス)が昨年の台風で壊されてしまったので作り直したのです。
曲がってしまったパイプを曲げ伸ばして再使用。近所の工場でもらった木製パレットを組み合わせ、その他の材料もすべて廃材などを使い、材料費0円です。
いちおうビニールハウスなんですが、日除けに黒い寒冷紗で覆っています。
頑丈なパレットを組んであるので、これなら台風にも強いことうけあいです!
ただし、あまりカッコよくないですけどね~
やっぱ子どもの遊び場「秘密基地」レベルか…

あなたも隠れ家にいかがですか?



ふた月ぶりの朝市

(1月19日/2014)

昨日、毎週土曜開催のオアシス21オーガニックファーマーズ朝市村に出店。
ほぼ2ヶ月ぶりの朝市復帰となりました。
ぼくにとっては今年の初出店。
顔合わせる人ごとに「今年もよろしくおねがいします」とご挨拶。

毎年そうなんですが、この時期の朝市は寒い!
底冷えって感じの会場。足元から冷えてきます。

まだ野菜は控えめの数量の出品ということもあり、
開始1時間ほどで野菜は売り切れ、残るはお米と米ぬか石けんのみ。

朝市
(↑テーブルの上の籠にお買い物でゲットした商品が置いてあります)

用意して持って行ったのは小松菜、ホウレン草、じゃがいも。
今の時期、どのお店にもあるようなものですが、それでも次々に売れて行きました。
お久しぶり~と声をかけ合える常連のお客さま。
とてもありがたいことです。

早々と少し暇になったこともあり、久しぶりの朝市、みなさんのお店を見て廻りました。
なんだか、あれもこれもとキリがないほど、いろいろと買いあさってしまって…

ゲット

美味しそうなもの、珍しいもの・・・
いろいろ目移りするもので、途中で財布の紐を堅くして・・・

さて、今年の初出店はこうして愉しく無事に終了。
とはいえじつのところ・・・
来週以降連続して出店するかどうか優柔不断状態です(^_^;)


朝市出店のお知らせ

*************
栄オアシス21朝市村
*************
1月18日(土)より出店再開します。
open毎週土曜日午前8時30分~
●出品予定品目は・・・
・お米(あいちのかおり/玄米、白米、七分米)
・もち米(玄米、白米)
・小松菜、ホウレン草、みず菜、ジャガイモ
朝市村の詳細はclick

************
よさみガーデン マルシェ
************
2月2日(日)開催の2月マルシェに出店します。
open毎月第1日曜日午前9時30分~
マルシェの詳細はclick


寒中、小松菜の出荷始まる

(1月12日/2014)

朝は氷点下、日中の最高気温も5~6℃という日がしばしばの今日この頃。
比較的温暖な当地でも暦どおりしっかり真冬の寒さです。

露地栽培の葉菜類の中でも一番生長の早い小松菜。
今日から本格的な出荷が始まりました。

小松菜収穫

南北のウネにトンネルをして栽培していますが、外側の列、中でも西側の列の方が生育が遅い傾向があります。
冷たい北西の季節風が吹きつける側は、やはりよく冷えるからでしょう。

トンネル

畑には徐々にトンネルの本数が増えています。
色とりどりのトンネル。
被覆する資材が、透明のポリフィルムだったり、白や青の不織布だったりするから。
作付ける品目によって被覆資材を変えているのです。
ということもあるのですが、何年も使い古したものを、あり合わせで使っているという事情もあるわけで・・・

さあ、今週末にはホウレン草やみず菜も採れ始めるので、それを持って久しぶりにオアシス朝市村に出店再開しようと思っています。

委託販売のお知らせ

 * * * * * *

●毎週土曜日のオアシス21朝市村、毎月第1日曜のよさみガーデンマルシェへの出店は只今お休み中です。

1月5日(日)よさみガーデンマルシェにて
野菜の委託販売
をしていただきます。
出店はしませんが野菜はお買い求めいただけます。

●朝市村への出店は、1月下旬に出店再開予定です。
どうぞよろしくお願いします。

 * * * * * *

謹賀新年

明けましておめでとうございます

素晴らしい一年となりますように!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

   2014年 元旦

初日の出
近所の「富貴ヨットハーバー」からの初日の出です。
プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。