FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ・オーシャンに行ってきた!

(30,Jun,'13)

春からまったく完全な休日はとれずにいたけれど、
今日は久々に、丸一日やすむぞー!と決め込んで・・・
行って来ました Cafe Ocean へ♪

オーシャン

武豊町冨貴からは車で50分足らず。
知多半島からは衣浦海底トンネルを抜けて東へ、一色に入るとすぐに南へ折れて海沿いの国道247号、磯の香りのするこの道路は何年ぶりに走っただろう・・・。
西尾市、といっても旧幡豆郡幡豆町といった方がわかりやすいのだけど・・・
寺部海水浴場の隣、すぐ目の前が海岸という場所にカフェ・オーシャンはあります。

百姓お友だちの「宮本農園」タカシくんが仲間たちとお店を始めたと聞いて以来、そのうち行こうなんて思ってて・・・。
今日ようやく初めて行くことができました。
来月には開店2周年になるのだとか・・・まったくボヤボヤしてるとあっという間に月日は流れる・・・(^_^;)

menu.jpg

今日はピザ、パスタの日で、予約のお客さんも多いから早めに来て、と言われていましたが、たしかにすごくお客さんが多く、大繁盛でした!
土日はいつもお客さんが多いんだそうです。

昨夜急きょ行くことを決めて電話をしておいたら、何とか11時に予約を入れておいてくれたのです。
ありがとう~♪
Ocean.jpg
30分ほど早く着いたので、時間まであたりを散策。
お店のすぐ隣にはハーブガーデン。
フェイジョア
フェイジョアの花(多分そうだと…)が咲いてた。
甘く芳しい果実もきれいな葉っぱも楽しめるフェイジョア、久しぶりに見ました。

ガーデンから海岸沿いの道路の方へ降りて行くと、建設中の石窯。
石窯小屋
きれいなタイルを貼り付けた独特のデザインの石窯。
来月半ばからお店でピザを定番メニューにするんだそうです。

今日はこの石窯の設計者で、自らも石窯を車に積んでピザの移動販売をしている長尾さんがお店でピザを焼いてくれているのです。
実はオーシャンではわっぱ知多の無農薬小麦(強力粉)を使ってピザを試作中なんです。
何十種類も試作して、ようやくこれでいこうかなっていうところまできたと、担当のマキくんが話してくれました。
ぜ~ったい楽しみ!です~~♪

さて、ピザの指導をしている長尾さん・・・
pachi.jpg
こんなかわいい素敵な名刺をくださいました☆
このイラストのように、ワゴン車にホントに石窯を積んでるんです!
これが「石窯カー」の中。
石窯カー
す、すごいです(・o・)
めっちゃいいなぁ~☆ ロマンを感じます☆☆

長尾さん
写真の右端が長尾さん、中央がオーシャン農園担当の宮本タカシくん、左端がわっぱ知多の島田あっこ所長。
宮本くんは毎年大豆づくりに取り組み、田植えのワークショップもしています。
カフェに使われる野菜はほとんど彼を中心とするオーシャン農園で収穫されたものだそうです。

さて、ランチの時間です♪

まずは前菜。
前菜
ニンジンの冷製スープ、野菜には豆腐のタルタルソース風のドレッシング。
パンの上にはミニトマトがのってます。

今日たのんだピザは、マルゲリータとマルゲリータビアンコ。
pizza.jpg
ビアンコにはフレッシュトマトがのってます。
もっちりとした生地でおいしかった~♪

こちらは大葉のテラベーゼ。
pasta.jpg
もちっとした生パスタでした。
ルッコラがのってます。ほかに野菜はジャガイモ、カブ、キャベツが入ってました。
ソースはオリーブオイルを使った青しそペーストって感じのものでした。

コーヒーとデザート付き☆
スイカと夏ミカンのジェラート、ココナッツがふりかけてあります。
ジェラート
盛り付けのデザインがカワイイ

豆乳プリン。
豆乳プリン
あんこと雑穀シリアル、白玉がのってます。
ユーカリの葉がトッピング。

このお店はドームハウスです。
三角形を組み合わせてドーム型になってるのです。
店内からは海が見渡せます。知多半島も南知多から美浜のあたりが対岸に見えます。
眺め

お店のスタッフはみな若い方ばかり。そしてとても感じのいい方ばかり。美味しいお料理をいただき、お腹も心もいっぱいにして、帰途につきました。
また新メニューのピザをいただきに来よー!!
とっても楽しく満たされたひとときを、オーシャンの皆さん、ありがとう!

・・・・・
実は以前に、宮本くんに軽い気持ちで、冗談のつもりで言ったことがあるのです。
三河湾だからオーシャンじゃなくてベイじゃないの~?って・・・。
あとで、調子に乗って失礼なこと言っちゃったな~って。
冗談が冗談にならないことあるんだよね・・・
自分の未熟さを反省しておりまする・・・


スポンサーサイト

田の草は・・・

(29,Jun,'13)

除草剤を使わない田んぼ・・・
今年は1町歩、全部をそれに切り替え、
昨年まで3反ほどであれこれ試しながらの無農薬稲作の経験があるけれど、
よく分からないことだらけでの全面展開!

一枚の田んぼの中でもあまり草が生えてない部分があり・・・
草少な

みるみる草(特にコナギ)がはびこってというところあり・・・
草多し

2回代かきで物理的にトロトロ層がよくできて、藻がたくさん発生。
藻による遮光効果のせいで若干の抑草効果が現れてはいるものの、トロトロ層の下からしぶとく芽を出すコナギやイグサたち。

昨年までコナギがわんさか生えて来ていた、ある一枚の田んぼ、今年は元肥のボカシ肥をやめて無肥料スタートをしてみた。
田植え後一ヶ月近くたった現在、まだコナギはとても少ない。

ボカシ肥や未分解のワラや雑草などの有機物の分解による強還元状態は、実はコナギの発芽には好条件らしい。
米ぬか除草をしようとして米ぬかをふると却ってコナギの発生を促してしまうという失敗例があるけれど、それと同じことが現れているのかも・・・。

とにもかくにも、タイミングよく早期に除草機(田車)をかけてやれればいいけれど、なかなかすべての田んぼでそれができていない。
ボカシ肥散布のタイミング、トロトロ層や有機物分解による抑草効果をうまく引き出すこと・・・ひたすら除草機を押して田んぼを歩き回るんじゃなく、もうちょっと別の方法を見つけられれば・・・なんて思ってるけれど・・・

・・・・・・・・・・

みなさんありがとうございましたm(_ _)m
名古屋生活クラブの社長筆頭にスッタフの方々、総勢5名で田の草取りのお手伝いに来てくださいました。
23日、日曜日のことです。
生ク田草とり
いちばん草がひどい田んぼです。
なんとありがたいことでしょう!!
ほんとうにおつかれさまでした。
秋にはお米がしっかり出荷できるように、まだまだ頑張らねば!と気持ちをあらたにしました。

ひるがの菜園日誌(6/24)

今週の月曜日、ひるがの高原の畑・・・



 ジャガイモ
   ほぼ全滅!!

全滅

みごとにやられていました・・・
ウネの端っこの生育遅れの小さい数株を残して、3ウネ全部がほじくられてイモを喰われてしまいました。

獣害!

土の上に横倒しになってる茎葉はまだしゃんとしていて、やはりこの夜のうちにやられたばかりのようです。
毎週畑に来るたびに数株ずつやられていたので、この日も少々のことは覚悟していたのですが、一気に全部がやられるなんて・・・。
近所に住んでいる方の話では、昨日はまだ何ともなかったとのこと。
やっぱりイノシシかな~これだけいっきにやってくれるのは・・・。

イノシシは数十キロの広範囲を毎日移動していて、毎日続けて同じところに被害が出ることはないらしい。
とすると、ちょうど7日間のペースでこの畑にやって来てるみたい。

しょっぱなから良い勉強になりました・・・と考えて、獣害対策をいよいよ急がねばなりません。
次に心配なのはニンジンかな・・・?

あ~~しかし、痛い。・゜゜(>_<)゜゜・。

・・・・・・・・・・・・・・・

先週後半に、こちらでもかなりの大雨が降りました。
ニュースの天気予報で、岐阜県ひるがのでは降り始めからの合計雨量が200ミリを超えたと聞いていたので、少々心配していました。
先週立てたばかりのウネが、やはり土がまだ締まっていなかったためか、雨水の流れで浸食されていました。
畝浸食
畑そのものが緩やかな傾斜地なので、その傾斜に沿ってウネを立てているので、ウネ間は小川のように雨水が流れたようです。
ウネには菜っ葉がスジ播きしてあります。
まあ、これはさほどの被害ではないですね。

さて、虫害の状況はというと・・・

ブロッコリーの余った種を、予備の苗になればいいと思って、数メールすじ播きしたところがあります。
そこはもう芽が出ているのですが、ほとんどキスジノミハムシに喰われていなかった。
周囲の雑草はけっこう喰われているのに。
ここはニームを散布しておいたので、どうやらその効果があったようです。

それで気を良くして、先週ニームが不足して撒けなかった菜っ葉類にも、ひととおり散布しておきました。

コマツ
これは小松菜。
虫に喰われながらも大きくなってきてます。

サニーレタス。
サニー
葉はまだ5センチくらいの大きさですが、らしくなってきましたね。

キャベツ。
キャベ
これも5センチくらいの大きさ。
1ヵ所に2~3本発芽してるので、1本に間引きながら、モンシロチョウに産みつけられた卵や、すでに孵化した小さなアオムシを取ってやりました。

玉レタス。
玉レ
これもまだまだ小さいけれど、すくすく育ってる感じ。

ブロッコリ。
ブロコリ
早いのはこうして本葉が出ていました。
丸い小さな水滴がついてますね。

この日、キャベツと大根の種を播きました。
今回は最初から防虫ネットを張りました。
白いネットのトンネルです。
ネットトンネル
写真の遠くの方の山は大日岳。
雲がかかって来てますね。
大日岳に雲がかかると雨なんだそうです。
この後、雨がパラついて来ました。

一日、天気はもって、作業ははかどりました。




ナナちゃん夕ぐれ市初出店!

(25,Jun,'13)

ナナちゃん
 びっくり!!
ナナビックリ
あ~んぐりと口を開けて、
びっくりしているナナちゃん (*^m^*) ムフッ
普段は無表情のナナちゃん、この日からしばらく、セールの宣伝のためにこんな顔してるんだって。

それはともかく、ナナちゃんストリートオーガニック夕ぐれ市に、ようやく出店できました。
5月からスタートした、名駅前通りでのオーガニック市に、先週のオアシス21朝市村をお休みして出店して来ました。

夕ぐれ市

田んぼの作業や高原野菜の方に時間をとられて、野菜畑の世話がおざなりになってるせいで、いま出せる野菜が少ないんですぅ~ (^_^;)

出店
ジャガイモ、葉付きニンジン、なす、ピーマン、ミニトマト、甘トウ、四葉キュウリを持って行きました。

この日は東海テレビの取材も入ってました。
東海TV取材

先日は、朝日新聞の夕刊に記事が載りました。
夕市・朝日記事(縮小)
この夕市は、新規就農者への支援ということも大きな目的のひとつ。
若い新規就農者や就農研修中の人たちが多く、「オーガニック男子」と呼んで、揃いのグリーンのエプロンをして若者たちが店頭に立ちます。
で、おっさんのぼくは対象外と思いきや、男性はみんな「オーガニック男子」なんだそうで、エプロンを着けさせられました(^_^;)
でもね~とっても元気な若い女性のお百姓さん・百姓志願の方々もいっぱいいますからね~(^o^)/

まだまだ知名度は低いようで、人通りはとても多いのですが、夕市目的のお客さまはまだまだ少ないです。

近ごろ栄オアシス21朝市に来なくなっちゃったな~と思っていた常連のお客さんが、夕市に来てくださってました。
お久しぶり~! と声をかけると、最近仕事の関係で土曜日の午前中に朝市に行けなくなっちゃったのよ~、とたくさん野菜を買って行ってくれました。
うれしくありがたいことです!
きっと徐々に知名度も上がり、この夕市も定着していくだろうなと思います。
みんなで地道にがんばっていかなくちゃいけませんね!!

夕ぐれ市は・・・
毎週火曜日
午後4時~7時
です。
みなさんぜひお出かけくださいね!

田の草とり・・・理想は見つめるべきもの・・・

(18,Jun,'13)

今日も田んぼの除草作業をしました。
田車(除草機)を押して田んぼを歩きます。

田車

条間に生え始めた雑草を小さいうちに泥に耘(うな)い込みます。

田車2

しかし・・・
実を言うと、既に後手に回っている田んぼが・・・

コナギいっぱい
あれよ、あれよと言う間に、コナギが大きく育ってしまいました

去る日曜日(16日)、草とりの助っ人現る!!
ケイ
名古屋生活クラブのスタッフ・たきおかさん。

こういう作業は好きなんです~と楽しんで草とりしてくれました
特にびっしりとはびこっているところを中心に手で草とりをしてくれました。

晴れて気温は30℃以上、それでも南寄りの風が涼しく、二人で黙々と作業を続けました。
やっぱり誰かいると、仕事へのモチベーションが違います・・・根がぐうたらなものですから・・・
さぼっていられませんね・・・

草が大きくなると、手押しの田車では歯が立ちません。
そこで、エンジンで動く除草機を使いました。
背負い式の草刈り機に専用のアタッチメント。
アイガモン

その名も「アイガモン」。

アイガモン2
グリーンのカバーの中に、泥を切るように掻き回す刃が付いています。

しかし、条間はこれでかなり除草できますが、株間には草がしっかり残ります。
ある程度これでやってから、後は手作業で草とりします。

黙々と草とりをしながら、つれづれ思いがめぐる・・・

どうしてこんなに草がひどいことに?
田んぼの準備からいろいろ考え直さねばならないことがありそうです。
やはり、実際やってみて、田んぼに入って泥に足と手を突っ込んで、そこで見えてくることがあります。

百姓の来年
という言葉を、百姓仲間の間で耳にすることがあります。

百姓仕事は時機に応じた的確な作業をしていかねばなりません。
タイミングを逸すると後手に回って、なおさら手がかかることになります。
あるいはまったく手遅れで取り返しがつかなくなることもあります。
そしてそうなると、来年はああしよう、こうしよう…と思いめぐらすのです。
少し自嘲気味に、少し開き直って、そして少し前向きな気持ちになるために、その言葉を口にしたりします。

先日亡くなった、作家で精神科医のなだいなださんの著作の中に、
「理想はたどりつけるものではなく、見つめるべきもの…」
というような言葉があります。
現状に対し厳しい眼差しを向けつつも楽観主義者だった彼の言葉は、あきらめ、絶望することなく、夢や希望を持ち続けよ、というメッセージを残してくれている気がします。
その言葉の深く大きな意味を、あまり卑近に自分にひきつけても嗤われるだけですが、ふとそんな言葉を思い浮かべていました。

ばら

ぐうたらながら、ぼちぼちとやろまいか・・・


ひるがの菜園日誌(6/17)

6月17日(月)、今週のひるがの高原での作業は、さわやかな好天に恵まれました。
このところの下界はうだるような暑さ。吹きわたる涼やかな風、カラッとした空気は標高950mの高原ならではです。

今日はなんと!助っ人登場!!
ナオミ
強い陽射しから身を守るために完全装備!?
顔もサングラスや布で覆い、誰だかわかりませ~ん (・_・;)

♪ど~この だ~れだか 知~らないけれど~♪
(ふ、古過ぎる・・・この歌がわかるのは中高年以上かオタクだよね~ (^^;))

いえ、ナオミさんです。

え?・・・もちろんキャンベルさんじゃありません。日本語しゃべってたし・・・

くだらない軽口はおいといて・・・f^_^;

ニンジンの草取りをせっせとやってくれているシーンです。

ニンジン
ニンジンは本葉が出て来て一目で雑草と見分けがつくようになりました。

この日は、相棒の大崎さん(朝市村にも「百鍬万菜」の屋号で出店してる百姓仲間です)と3人で除草作業を進めました。
ニンジンのウネはきれいになりました。
菜っ葉のウネはあと少しのところで時間切れ。

新たに2本のウネを作り、ひとつには2週間ぶりの菜っ葉の播種をしました。
小松菜とホウレン草です。
もうひとつは、ポリマルチを張って来週のキャベツの作付けに備えました。

こちらも下界とあまり変わらず、金曜日に久しぶりのまとまった量の雨をもらったようですが、それまでの乾燥状態で、特にホウレン草の発芽率が良くありません。

サニーレタスも発芽率が半分程度なので、発芽していない所にあらためて種を播きました。

・・・・・・・・・・

獣害・虫害がヤバイっす!

朝、畑を見回ると、以前から獣害が現れ始めていた箇所が、さらにひどいことになってました。
ジャガ獣害
ジャガイモが引っこ抜かれたようになっていました。
ほじくられた土がまだ湿っていたし、抜かれたジャガイモの茎葉もシャンとしているので、犯行時間は今日未明かとみた (o~-')b
引っこ抜かれたジャガイモは、きまりよく(!?)丁寧に横並びに並べてあるように倒れていました。
ん~~~なかなか几帳面なやつだ・・・
などと感心してる場合ではなく・・・f^_^;
土の中で太り始めたイモを、株元からほじくり出して食べていったようです。

イノシシかな? ハクビシンかな?

畑の周囲をネットで囲む予定にしていて、ありがたいことに、知り合いの漁師さんが海苔網をくれることになりました。
海苔の養殖は、遠浅の海の中に竹の棒など「海苔そだ」という支柱を立て、海苔のタネを着けた網を張って海苔を育てるんです。海苔の養殖が盛んな知多半島では、夏には海水浴場だった浜が、冬には海苔そだが一面に立っているという風景が見られたりします。
海苔網はとても丈夫なので、使い古しの再利用をよく畑で見かけます。

害虫はあまりいないのかな・・・と思っていたのですが・・・
キスジ被害
先週はきれいに発芽していたので安堵をしていた小松菜は、キスジノミハムシにやられています(>_<)
小さな穴がポツポツとあいてるのが食害の痕です。水菜もやられています。
まだ少ないのですが、どうやらダイコンサルハムシもいるようです。
どちらも体長2~3ミリの小さな甲虫で、アブラナ科の代表的な害虫。
キャベツにはモンシロチョウの卵が産みつけられていました。以前より飛んでいるモンシロチョウの数が増えています。
やっぱり野菜を作付けすると害虫たちはちゃ~んと寄って来るんですね~(>_<)
目の細かい防虫ネットを張るべきだった・・・と後悔をしても後の祭り。

先週、害虫に忌避効果のあるニームパウダーを使おうと話し合っていました。
ニーム1
愛農さんが取り扱っているものを仕入れました。
↓中身はこんなです。
ニーム2
昨年、愛農さんに勧められてお試しで使ってみたのです。
本来は肥料なのですが、臭いがきつくて、臭いの持続期間も長いためか、作付けした野菜の近くに表面的に施用しておくと、さまざまな害虫の被害が少なくなっているような気がしました。
効果がありそうなので、追加で取り寄せておいたものです。

ニームとは、インドセンダンというインド原産の樹木のことで、インドでは何千年も昔から薬用ハーブとして利用されていて、近年、日本でも農業への利用のみならず、医薬品や日用品への利用など、有用性が注目されている植物です。
ニームに含まれるアザラクチンという成分は、虫に対して「摂食障害」「排卵障害」「脱皮障害」をもたらすために、農業分野では害虫の忌避効果も期待されるものなんです。

先週の段階で、持って来て使えば良かったのですが・・・。
近ければ取りに帰れるのにね~ (ToT)

とにかく、臭いの効果を少しでも期待して、ジャガイモのウネにも撒いておきました。
アブラナ科の野菜類にも、これ以上の虫害にブレーキがかかることを期待して撒き始めましたが、途中で無くなり・・・
もうひと袋持ってくるべきだった・・・(ToT)
やっぱ、近けりゃ取りに行けるのにね~

とにかく、いかほどの効果があるのか?・・・来週のお楽しみ(?)


田植え Finish !!

(12,Jun,'13)

最後の田んぼ1枚、田植えが終わる。

田植えFin!

品種は「あいちのかおり」。
これですべての田植えが無事に終了。
ほっ・・・

合計約1町歩、最後まで機嫌よく働いてくれた田植え機さんもおつかれさま~(^^)

早苗

泥田の早苗ちゃんたちよ、がんばって育っておくれ~

しかし、梅雨はどこへ行った??
台風3号は、直撃も覚悟したけど、南海上で熱低になり停滞。
一度でいい、しっかり雨だけほしい。・゜゜(>_<)゜゜・。


ひるがの菜園日誌(6/11)

6月11日、早朝のひるがの高原ににわか雨。
しかし、雨量はほんのわずか。
曇り空の一日だが、陽が差すこと数度。

畑の土は乾燥気味。
地元の人に聞くと、朝夕に少し雨が降ることはあるが、やはりまともな雨のない日が続いているらしい。

先週、種まきしたものはどうなってる?

レタス芽
出てる、出てる、芽が~♪
レタスが発芽して小さな双葉。
しかし、まだ全体の半分も発芽していない感じ。

キャベ芽
これはキャベツ。
ポリマルチに丸い穴を開けて数粒ずつ種を播いた。
ここではハート形の双葉のキャベツが3本生えてる。
マルチの下からも雑草が伸びて来てるよ。

すじ播きした菜っ葉類は?

小松菜芽
小松菜はけっこうきれいに発芽が揃ってるよ(^O^)
ハート形の双葉が点々と並んで生えてる。

ほうれん草は・・・
れん草芽
イネ科の雑草の芽と、さて見分けがつくかな??

アブラナ科の野菜と違って、双葉が細長いから、イネ科雑草の子葉と見分けがつきにくいね。
まだ十分に生え揃ってないし、余計にまぎらわしいよ (>_<)

じゃ、2週間前に播いたニンジンは?
人参芽
出てる、出てる・・・でもまだ小さな双葉。
これもまた雑草と見分けがつきにくい!
もう少し大きくなってから草取りをした方が、間違いがなくて良さそうだ。

ジャガイモはずい分大きくなってきた。
けれど部分的に荒らされてる箇所が・・・
獣害
数株分続けて掘り返されてる。
少しずつ獣害が進んでいる???

今日はまず、畑の周囲に伸びて来ている草を刈払い機で刈り倒し、ジャガイモのウネの草取り。
草を取りながら、少しずつ株元に土を寄せてやった。
ジャガイモ畑はきれいになりました。

先週用意をしておいたウネに、キャベツと同様にポリマルチに穴を開けて、ブロッコリーの種をまく。

南西海上からこちらに向かって北上して来ている台風3号の動きを気にしながら、とにかくちゃんとした量の雨がほしいねって言いながら、作業の終わりがけに相棒の大崎さんと畑を眺め、この日の作業を終了しました。

先週、きれいに花盛りだったミズキは、やはりピークが過ぎたようで・・・
草地の向こうに生えているミズキに近付いていくと、薄暗いミズキの樹下に白くきれいな花が・・・
藪手毬
一見ガクアジサイにも似た、ヤブテマリ(薮手毬)が満開に咲いていました。

見る人がなくても、花は美しく咲く・・・


6/8の朝市村こぼれ話

先日(6/8)の朝市村でのこと・・・

cobaが来る!

といっても朝市村に、ではなく…(^_^;)

てのひら農園
長久手の「てのひら農園」小島さんがチラシを持って来てくれました。

coba.jpg

「フェスタ長久手2013」というイベントで、長久手出身の有名なアコーディオン奏者coba(コバ)さんが出演するそうです。

この6月29~30日開催の長久手市民の文化祭は、cobaプロデュースの有名イタリアンシェフのパスタが味わえる企画や地元農産物のマルシェ、そしてcoba Special Liveなど、盛りだくさんのぜいたくなイベント!
Coba live

小島さんが普段出荷している長久手のあぐりん村。そこの野菜は、あの有名な落合務シェフに定期的に送られているそうで、このイベントでも落合シェフのパスタが味わえるのだそうです。
落合シェフ

詳細は長久手市文化の家まで。

**********

そして、この日、CBCテレビから朝市村に取材が来ていました。

黒田農園の店頭で、毎回お子様連れで一家仲良くお買い物に来てくださっているお客さまにインタビュー。
CBC取材

この朝市村をはじめ名古屋地区のオーガニックマーケットを取材しているとのこと。
番組は「花咲かタイムズ」(毎週土曜日午前9:45~)という情報番組だそうです。
いつどういう形で放送されるのかまだよくわかりませんが・・・。
そもそも、あまりテレビを観ないのでよく知りません(^_^;)
しかも放送時間は朝市と重なってるじゃん(>_<)

**********

・・・と、よその宣伝ばっかりになってしまいましたが・・・

ぜひ、
オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村
にお出かけください!!

そして、名駅でまだ始まったばかりの
ナナちゃんストリートオーガニック夕ぐれ市
(毎週火曜日午後4時~7時)
にも、ぜひお出かけくださいね!!



今日の畑の様子

(6,Jun,'13)

田んぼやひるがの高原通い、知多の恵みグループの出荷などで、なかなか十分に野菜畑の作業ができないでいます。
しっかりと支柱を立ててやることができていない夏野菜類とか、草とりができずに草ボウボウになってたり・・・。
あともう少しで田植えも終えられる。もう少し野菜に手をかけねば・・・。

今日、ジャガイモを初掘りしました。
男爵
ジャガイモ畑も草ボウボウになってるけど、それなりにイモはできてる。
収量的には今ひとつだが・・・。

品種は「男爵」。近年、ジャガイモも様々な品種が出回るようになっているけど、昔ながらのダンシャクイモが、結局はおいしいとぼくは思ってる。
♪むかしから決まっとる~♪・・・ってキリンビールの宣伝みたい (^◇^;)。。。

今週の朝市村に持って行きますよ~(^o^)/

そしてこちらは赤い皮のジャガイモ。
品種は「スタールビー」としゃれた名前がついてる。
スタールビー
皮が赤く、中身は黄肉の、少し甘味があるジャガイモです。
皮付きでフライドポテトなどにすると、見た目、色どりがきれいになりますね。

ナスもそろそろ一番果がとれごろになって来ました。
なす

こちらはキャベツ。
キャベ
防虫ネットのトンネルの中で、あまり虫に喰われずにきれいに出来てきました。
これも今週の朝市村に持って行きます。
春系のキャベツだから、千切りにするとみずみずしくてシャキシャキです!


そして今日、もうひとつ初物が・・・
べりべり
まだほ~んのちょっとだけですが・・・
ラズベリーとブルーベリーが採れました。
ん~一度は口いっぱいに食べてみた~い (^O^)


********

わっぱ農場の端っこの草むらの中に花を咲かせているセージを見つけました!
セージ花
10数年前にハーブの花壇だったところを、米麦の乾燥・調整のための施設を作る関連で重機で整地したため、その時にまだ少し生えていたセージも消えてしまいました。
しかし実はまだ生き残っていたんだねぇ!!
これは青い花のコモンセージ。もうひとつ赤い花のチェリーセージもあったけど、残念ながらそれは見当たらない。
花の形からわかるように、セージはサルビアに近い種類の植物。
はい、そうです、その細長い花びらつまんで引っこ抜けば、あの甘~い蜜が味わえますよ~ (^^)

せっかく逞しく生き残ったこのセージを、このままではいつ消えてしまうかわからないので、掘り上げて自分の畑に移植するつもりです。
またひとつハーブの種類が増えると思うと、嬉しくなってきました~♪



ひるがの菜園日誌(6/4)

6月4日(火) 晴れ時々曇り

カラッとした好天。高原らしい強い陽射しに暑さを感じる。休憩に木陰にいると涼やかな風がとても心地よい。
このあたりのあちこちに、白い花を樹いっぱいに着けたミズキが美しく、目を惹く。
一週間ぶりのひるがの高原だ。

ジャガイモは出芽がかなり進んでいた。
じゃが畑


種まきを進める。
菜っ葉は小松菜、ホウレン草、サラダ水菜。
そして、キャベツ、レタス、サニーレタスを、畝に張ったポリマルチに穴を開けて播種した。
これらはいつもなら苗を作って定植をするのだが、毎日来られないこの畑では、できるだけ直播しようということでやってみる。

播種機で菜っ葉の種まき中。
ごんべ

さて、玉ねぎの残りの苗を植えるためにポリマルチに穴を開けていたら、獣の足跡がついていることに気がつく。
足跡1
点々と、かわいらしい小さな足跡。
マルチが破れていないということは、小さな動物だってことだね。
中に比較的形がきれいに見てとれる足跡が・・・
足跡2
4本の指の痕。
小さな動物ならハクビシンだろうか?
ハクビシンの獣害もやっかいだ。畑への侵入を防ぐことはなかなかできないらしい。ネットを張っても地面を掘って侵入するし・・・
とにかく、近辺の畑を見ても、みな周囲を何らかのネットで囲っているし、この畑でも近いうちにネットを張ろうと相談した。
電柵は電源の問題や費用の問題で導入できそうにない。

午後5時ごろ作業終了。
全体の半分近くは畝ができて来て、ずいぶん畑らしくなってきた。
全景

来週も、菜っ葉の種まきなどを・・・時期をずらして収穫できるように。
種まきをしたから、雨がほしいところ。降ってくれるといいけど・・・。

マルシェ参加の記

6月2日、日曜日、刈谷市のよさみガーデンマルシェに出店してきました。
4月のマルシェに出店し、5月はお休みしたので、2ヶ月ぶりの出店。
最近は屋内出店ばかりだったのですが、今回は久しぶりの屋外。
数日前の天気予報だと悪天候の可能性大だったので心配していたところ、当日は曇ったり一時的に小雨が降ったりしましたが、概して良い天気で、客足も多く、にぎわいのあるマルシェとなりました。

野菜を売るのには、やっぱり明るくて開放感のある屋外の方がいいかも~♪
と、ちょっと屋外出店を見直しましたが・・・
7月はやっぱり屋内希望で出店申し込みをしてしまいました(^_^;)
まだ梅雨の時期、お天気が心配で・・・
ちょっと軟弱かな~? と思いつつ、隣の同じ農家の出店者もお誘いして(そそのかして?)屋内を申し込んだのでした。

さて、売れ行きの方はどうだったかというと・・・
今回はお米が午前中にはほとんど売れてしまい、野菜の方は葉物類の売れ行きが悪かったです。
前回はお米の売り上げが、なんとゼロだった(T_T)のでありがたいことです。
葉物類の中でも特に、みず菜とキャベツがたくさん売れ残ってしまいました。
季節的なものでしょうか、どの農家も葉物の売れ行きが悪かったとのこと。

さてさて、マルシェの楽しみのひとつが、他の出店者との交流。
今まで知らなかった素敵な出店者ぞろい。その魅力的な品々をあれこれ買い求め、せっかくの売上金が消えていきます f^_^;

この日 get! した品々です。
今日の買い物品
後ろの2本の瓶は、イタリア大好き!の「ポルタ・ロッサ」さんから買った、イタリア直輸入のオーガニックのフルーツジュースとコーラ。写真では分かりづらいですが、ガラス瓶もお洒落です♪
前回はそれはそれは巨大な!パスタを買いました。どんなに茹でてもふにゃふにゃにならない、歯ごたえ、食べ応え十分なパスタでした!
さすが本場イタリアのデュラム・セモリナ、って感じ。

そしてその他のものは、ただ今のマイブーム♪「奥三河Three trees+」の皆さんの品々。
奥三河で出会った3人の女性作家のユニットだそうで、マキ、ユキ、ミキと3人の名前につく「キ」=「木」でこのネーミングなんだそうです。
(ん? さしずめ奥三河のキャンディーズか?? (^_^;)古いなぁ…)
東三河育ちのぼくには「奥三河」という地名にはノスタルジーを感じるし、そんな山里で経歴も年齢もジャンルも違う3人の女性が出会ったという話には、物語性十分でロマンを感じて、ひとり胸キュンしてしまいました・・・(と書いてて恥ずかしくなってきた(^_^;))

↓これはアンティ・マキさんのスコーンなどの焼き菓子。
焼き菓子
ぜいたくにたくさんの材料を使って、丁寧に心をこめて作られていることが伝わってくるお菓子です。
とにかくおいしいんです。そこはかとなくおいしいです。

↓これはユキさんの石けんとミキさんのコンフィチュール。
石けん等
瓶に入った琥珀色のものは、マキさんからいただいた手作りの枇杷の葉エキス。
虫刺されに使って、とプレゼントしてくださいました。思いがけないお心遣いに…(ToT)
そして、志工房の自然派手作り石けん。
なんと志工房さんからも石けんをひとつプレゼントしていただき、ふたたび…(ToT)
すでに愛用しているラベンダー石けんと、ユキさんがお奨めしてくれた塩麹石けんとを買いました。
毎日お風呂でラベンダーの香りに癒されていましたが、今回さっそく塩麹の石けんを使ってみました。
なんとなく甘い香りでさわやかな感じ。
ラベンダーはやさし~く癒してくれる感じなのに、この香りにも癒されますが、むしろ元気づけてくれる感じ。
微妙に泡の感触も違うような・・・。
で、風呂から出てからもう一度能書きをよく読んでみると・・・
リッツァクペパという精油、「太陽が輝きわたるような」雰囲気を作り出すと言われている、やや甘い、柑橘系のさわやかな香り・・・クレイ入りですっきりとした使い心地・・・
ん~、そうなんだぁ~~!
ぼくの鼻、感覚もまだ捨てたもんじゃないな~と、、、
というより、そこに書いてあるとおりで、すっかりお気に入り!!のアイテムになりました♪

そして小さな瓶は、ブルーベリーのコンフィチュール。
朝食のヨーグルトに入れて食べましたが、甘さ控えめ、ブルーベリーの粒がプルンとしっかりしてて、バッチリおいしかったです。

これらの他には、もう既に胃袋に収まって写真に写ってない品々。
「日和」さんの玄米おむすびと車麩の唐揚げ。マルシェに来る前から今日のお昼ご飯、と決めてました♪
「プチドール」さんの天然酵母・全粒粉のパン「タパチェ」。ぱさつかずもっちり感もちょっとあっておいしかったです。
名古屋カフェ部さんのインドカレーパイ。具とパイのバランスが良くて食べやすかったです。
・・・食べ物ばっかじゃん (・o・)
そう、食いしん坊で~す (^o^)/

この日、身に着けていたのは「ふうあい堂」さんのガーゼマフラー。4月のマルシェで購入したもの。国産オーガニックの生地で作られていて、とても心地が良く、すっかり愛用品です。

と、まぁ、お買い物しながらおしゃべりしたり、お客さんとのやりとりも出店者同士のお付き合いも、おもしろく楽しみながら、マルシェの一日を過ごすのでした。

プロフィール

ふき村・黒田農園

Author:ふき村・黒田農園
知多半島の真ん中、武豊町冨貴(ふき)地区で有機農業をやってます。
「一人農業」で畑も田んぼも…農薬や化学肥料を使わず日々キリキリ舞いしながら、でも適当に手を抜きながら?「ぐうたら」と開き直って、少しでもおもしろおかしく暮らしたいな…。
・・・と呑気な「一人農業」から一転、現在は3人の農業研修生を受け入れ、日々にぎやかに奮闘中?!
★連絡先はホームページにて
 (リンクからアクセス⇒⇒)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。